スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレゼント

友人達のエピソード忘れないうちに綴る為のブログなのですが、早くも脱線して日記を・・・


一昨日、映画を見に行ったんです。

開始までブラブラしていると、コーカサスオオカブトムシを発見しました!

・・・コーカサスオオカブトムシ・・・

それはカブトムシ大好き少年だった僕の最高の憧れでした。「世界のカブトムシ」という本の同じページを何度も見ながら手に入れることを夜な夜な想いに馳せました。
当時はまだ輸入されていませんでしたし、仮に売っていたとしても買えるハズなどありません。展覧会で標本を見たことは今でも覚えています。いつか外国に行ってでも手に入れてやる!そんな気持ちでした。

ソイツが今ココにいます!

ガキの頃の夢を叶えてやるか・・・

しかし、その頃ほどの思いはないので、自分の為に買うのは何かためらわれます。

(そういや、コーチョーが最近誕生日だったな)

では、ってことで会社の同僚であるコーチョーには次の日に会うので、奴には半分嫌がらせですが、買って帰ることにしました。

プレゼントなわけですが、当然触りたくて仕方ないので、取り出します。


・・・カッコイイ・・・


久しぶりにカブトムシに触りましたが、ガキの頃と違ってオオカブトムシとはいえ、小さく感じます。でも、手から伝わる力強さ・・・イイ・・・


オスメスのセットなのですが、なぜか仕切りがついています。交尾したら早死にするんかなぁ、だからあるんかなぁ、と思いましたが・・・コウビミタイ・・・

仕切りを取ると早速、オスがメスの後ろから覆い被さります。

お盛んなこって・・・、と微笑ましく見ていると急に体勢を変え、


オスがメスを角で捕らえてカブトムシ投げ!


DV発生じゃぁ!

でも、カブトムシらしさ見た



次の日は僕が住んでる地域周辺で一番アツいスロイベント「一島全6」という日で、コーチョーと一緒に並ぶ予定でした。

そこにカブトムシを右手に、左手には培養土、餌を持って

僕>おぅ、誕生日おめでとー
コーチョー>おぅ、なんじゃこりゃ
僕>コーカサスだ
コーチョー>おぅ、ありがとな

僕としては、少し嫌がって欲しかったんですよ。こんなん誕生日におかしだろー!とか、スロ屋に持ってくんな!とか、別の日に持ってこいや!とかを期待してたんですよ。

普通に喜んでいやがるですよ。

コーチョー>まぁ、せっかく誕生日にと貰ったしねー

ちょっと不満です。入場整理券が最終番号という奇跡的な数字だったことはそれ以上に不満でしたが。後ろに誰もいねーし。

DVについては、しつこく伝えておきました。

その晩、コーチョーからメールが

コーチョー>「仕切りを取ったら交尾し始めた。レイプぞ、こりゃ」
僕>「野生だからな。いいことだがな。DVじゃないけん」


コーチョー>「オスがメスを角で刺した」


なにー!即電話。

僕>DVあるって言ったろうが!

コーチョー>いや、拒否られたかと思ったら刺しよった

僕>引き離せや!

コーチョー>そうしようと思ったけど、深くてな。角が鍵状になっとるし、無理にとったら危なそうで、離せんだわ。角の3分の1くらい入っとる
 
コーチョー>あ、とれた

僕>別々にしときや

コーチョー>おー


数分後、また鳴るメール

コーチョー>「二突き目です」


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

OperaO

Author:OperaO
所在:かぎりなく神奈川な東京
年齢:28
職業:微生物などの研究
好きなギャンブル:麻雀、スロット
好きなスポーツ:競馬
好きな馬:ベッラレイア、ナリタトップロード
趣味:生き物を飼う、ギター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。